リアルプレイヤーで音が聴けます

 その姿が鳳凰(ほうおう)が翼をたたんだ姿に見えることから、凰笙(ほうしょう)ともいう。天に立ち昇るような透きとおった 音色が特徴。桜か檜材で作った頭(かしら)に、リードのついた竹管が差し込まれており、頭の吹き口を吹いたり吸ったりして鳴らす。ハーモニカに同じ原理。
 現在使われている笙は、竹の数が17本で、そのうち15本にリード が付いている。
 合奏では、主に和音を奏で、「手移り」という運指法と、「気替え」という息づかいによって、主旋律を奏する篳篥に正確な音程を知らせ、全体 の曲の流れをリードする役目を受け持つ。ラオス方面で使用されているケーンという楽器が源流と言われている。

 表に七つ、裏に二つの指孔のある竹管に、芦でつくった リード(芦舌・ろぜつ)を差し込んで 吹く。オーボエと同じ、ダブ ル・リードの縦笛。ペルシャ生まれの楽器で、シルクロー ドを経て東方に伝わったものが篳篥となり、西方へ伝わったものがオーボエとなった。
 合奏では主旋律を奏でる。「メリ」や「塩梅(えんばい)」と呼ばれ る奏法により、指孔を押さえる指を変えることなく、口腔内の容積を変えたり、息づか いの強弱によって音を変化させることができるので、歌うように自由に演奏できるのが特徴。

神楽笛(上)、龍笛(中)、高麗笛(下)
 雅楽で使われる横笛は現在、3種類ある。いずれも合奏では、篳篥の音が縦糸ならば、横糸のごとく、曲に模 様をつけていく役割を受け持つ。
龍笛(りゅうてき)  横笛(おうてき)、主笛 (おもぶえ)とも呼ばれる。 長さは約40センチ。竹製で、歌口のほかに七つの 指孔があり、頭部は別の竹を 継ぎ足して、中におもりを入 れ、裏には、「せみ」と呼ば れる装飾が施されている。息 の使い方によって、同じ指孔 で1オクターブ違う音を出す ことができ、音域が広いのが 特徴。唐楽(とうがく)に使われる。
高麗笛(こまぶえ)  右方の舞楽の伴奏である 高麗楽(こまがく)などに使われる。長さは約36センチ。構造は 龍笛と同じだが、指孔は六つ で、龍笛よりも細く短く作ら れている。鋭くかん高い音が する。
神楽笛(かぐらぶえ)  神楽の際に使われる。長さは約45センチ。日本 古来の笛で「和笛・日本笛」 (やまとぶえ)とも呼ばれる。 構造は龍笛と同じだが、指孔 が六つで、龍笛より細く長く 作られている。