小鼓を横にしたような楽器 で、細長い撥(ばち)で打っ て演奏する。鼓の部分は、硬 い木の中を丸く刳り抜いた胴 の両側を皮製の鼓面で挟み、 「調緒(しらべお)」と呼ぶ紐で締めてある。
曲の流れや緩急をリードす る、いわば指揮者の役割をする。

 「楽太鼓(がくだいこ)」あるいは「釣り太 鼓」と呼ぶ。木製の胴の両面に鋲(びょう)で革が止められている。
 舞楽に用いられるものは、 「大太鼓(だだいこ)」という。紐で両面 の皮製の鼓面を引っ張り、胴 に挟んで止めるいわゆる締め 太鼓。
 道楽(行進)には、同じく 締め太鼓で「担い太鼓」と呼 ばれるものを使う。
 いずれも合奏で、大きなリ ズムパターンを刻む。

 金属製の皿型を、両手の桴 (ばち)で打って鳴らす楽器。 桴の先は、らっきょう型の玉や牙などの固い素材で作られ ている。
管絃演奏用を「楽鉦鼓」ま たは「釣り鉦鼓」、舞楽用を 「大鉦鼓」、道楽用を「担い 鉦鼓」という。
 合奏では、小さなリズムパ ターンを刻む。

 主に右方の舞楽に用いられ る楽器で、小鼓を大きくした 形をしている。右手に持った 桴で打つ。羯鼓と同じく演奏 をリードする役割を受け持つ。