「胡蝶(こちょう)」

胡蝶

【曲の由来】

 延喜六年(906)に、宇多上皇(うだじょうこう)が童相撲(わらわ〈わらべ〉ずもう)に行幸(ぎょうこう)された時、曲を山城守藤原忠房(やましろのかみ・ふじわらのただふさ)が作り、舞を式部卿敦実親王(しきぶきょう・あつみしんのう)が作ったといわれています。この二人は、右方舞の代表的作品「延喜楽(えんぎらく)」の作者でもあります。いまで言うところの売れっ子作曲家と振り付け師(?)のコンビだったようです。
 胡の国の蝶が喜々として遊ぶさまを舞にしたともいわれ、左方の「迦陵頻(かりょうびん)」が番舞(つがいまい)で、共に数少ない童舞(わらべまい・どうぶ)であります。

【童舞について】

 一般的には、舞楽は大人が舞うのが常でありますが、何曲かは子供に舞を教えて舞うものもあります。代表的なものが、「迦陵頻」と「胡蝶」です。この二曲は子供のための舞で、大人は舞いません。
 それ以外に、大人の舞を子供に教えて舞を行うこともあります。たとえば、左方ならば「蘭陵王(らんりょうおう)」や「抜頭(ばとう)」などで、右方ならば「納曽利(なそり)」「還城楽(げんじょうらく)」「貴徳(きとく)」などです。これらは大人の舞振りを行いますので子供らしい愛らしさは見られません。しかし、迦陵頻や胡蝶は、童舞専用に作られた舞振りですから、舞の動きや仕草に愛らしさが感じられます。

【装束について】

 左方の代表的な童舞が迦陵頻ならば、右方の代表的な童舞は胡蝶です。
 衣装は、美しい蝶の羽根を背に付け、山吹の花をさした天冠をかぶり、山吹の花の枝を持って舞います。身につけた袍(ほう)は、青色精好紗に、か紋と胡蝶が色糸で刺繍(ししゅう)してあります。袍も子供用仕立で小ぶりで刺繍もそれに合わせて小ぶりです。刺繍の蝶は、五種類あり、非常にきれいです。また、袴(はかま)にも同じ刺繍がしてありますが、この蝶の刺繍は袍とは違った角度で作られています。
 背には、羽根をつけます。大羽根・小羽根・背・腹と四枚でできています。

【演奏形態】

 まず「高麗小乱声(こまこらんじょう)」の独奏があります続いて、「高麗乱声(こまらんじょう)」の合奏が始まります。これは笛のみの曲で、笛の奏者が同じ旋律を少しずつずらして追いかけるように吹きます(退吹き〈おめりぶき〉)。四人の舞人が登台し、胡蝶が嬉遊するように当曲の出手(ずるて)を舞ながら、舞台の四隅の舞座に向い合わせに立ち定まり、笛の音頭が乱声止句(とめく)を奏します。
 次に「小音取(こねとり)」という高麗笛(こまぶえ)と篳篥(ひちりき)による掛け合わせの独奏を行います。
 続いて、当曲(とうきょく)を舞います。舞の途中から、飛びながら右回りして大輪をつくり後向きになり、退場いたします。その後、吹き止めです。

【鑑賞の機会が少ない舞】

 この舞は、なかなか演奏会でも演じられる機会が少ないです。
 必ず見ることができる場所は、関西では、五月五日、春日大社「万葉植物園」で必ず舞われます。時期が遅れましたが、来年機会がありましたらいかがでしょうか?
 また、京都の貴船祭で船の上でやっています。
 楽部の演奏会では行われませんので、なかなか直接見る機会は少ないです。
(by きっさん)
・・・質問などありましたらこちらまで