「胡飲酒(こんじゅ)」

胡飲酒
 今回紹介する「胡飲酒(こんじゅ)」も、「迦陵頻(かりょうびん)」「万秋楽(まんじゅうらく)」「蘭陵王(らんりょうおう)」などととも林邑八楽(りんゆうはちがく)で、天平8(736)年、林邑の僧・仏哲が日本に伝えたと言われています。また、その約100年後に舞は大戸真縄(おおべ〈おおと〉のまなわ)が、曲は大戸清上(おおべ〈おおと〉のきよかみ)が作ったとも言います。改作されたようです。
 唐楽(とうがく)。壱越調(いちこつちょう)。小曲で、序、序吹、破から成り、古楽。走舞。現在は、序と破が現存。「林歌(りんが)」または「新靺鞨(しんまか)」が番舞(つがいまい)。

【装束・面と見所】

 装束は、白地に牡丹唐草の華やかな模様の胡飲酒専用の裲襠(りょうとう)をつけて、袍の上に半臂(はんぴ)をつけます。赤色で大きな鼻の面 、手には、瓶子を象った大きめの桴(ばち)を持ち、烏皮沓(うひぐつ)をはいて舞われます。
 舞は、酒に酔った様をあらわしていると言われますが、つり上がった目とまゆ毛、への字に結んだ口の面 の表情は、固くて怖い感じさえ受けます。面の形相からは、酒によって楽しんでいるとは言い難いように見受けられます。
 左方の舞は、普通舞台の左手から登場して左手に退場するのですが、この舞人は酔っぱらったため、間違って右手に退場してしまいます。

【曲の構成と聴き所】

 まず「林邑乱声(らんじょう)」で舞人が舞台に登場します。そして、音取(ねとり)。「迦陵頻音取」が演奏されます。続いて、舞とともに「序」、「破」が奏され、「破」の重吹(しげぶき)で舞人が退場するというものです。
 曲の特徴としては、メロディやリズムにも独創性があります。一度聞いたら忘れられません。
 メロディとしては、「破」の3行目、4行目は何度も繰り返されますので印象に残ります。また、雅楽の曲にはめずらしく跳躍的な旋律がそこここにあります。たとえば、「序」の4つ目の太鼓のあと、下の黄鐘(おうしき)から上の黄鐘へオクターブの跳躍、「破」の1行目壱越(いちこつ)から黄鐘へ、2行目の下の黄鐘から勝絶(しょうぜつ)への跳躍もこの曲の印象的な個所です。また、リズムも独創的です。「破」は早四拍子ですが、異なった奏法で打物が演奏されます。「序」の緊張・緩慢、緩急入り交じったダイナミックな演奏も聞き所・聞かせ所ですね。

(by きっさん)
・・・質問などありましたらこちらまで