青海波
 中国や朝鮮半島を経て伝わった外来音楽。とは言っても 当初使われていた楽器はかなり省かれ、楽曲もアレンジされて一つの形式に統一されている。 だから外来音楽というよりは、アジア各地から流れ着いた音楽の種を大事に育て、改良に改良を重ねて作り上げられた日本独特の音楽、と言うほうがふさわしい。
 中国、インド、ベトナム、中央アジアなどから伝わった ものを「唐楽(とうがく)」、朝鮮半島などから伝わったものを「高麗楽(こまがく)」という。
 唐楽には演奏の形式に管絃舞楽がある。高麗楽はもっぱら舞楽で演じられる。

 管楽器、絃楽器、打楽器により、合奏形式で唐楽を奏で るものをいう。
楽器の構成は、 笙、 篳篥、 龍笛 の三種の管楽器と、箏、 琵琶 の二種の絃楽器、それに羯鼓、 太鼓、 鉦鼓 の三種の打 楽器。
通常は、管楽器は各3~4名、絃楽器は各2名、打楽器 各1名の、総勢16~19名で演奏される。
 オーケストラでは普通、絃楽器が主旋律を演奏するが、 雅楽では管楽器が主旋律を奏で、絃楽器はリズム楽器とし ての役割を担っている。
管絃 平調/音取 陪臚

蘇莫者
 雅楽器の合奏による伴奏で、舞を舞うものをいう。
左方(さほう)の舞楽」と、「右方(うほう)の舞楽」の大きく2つに分けられている。
左方の舞楽は、主にインド、中国、べトナムなどから伝わったもので、伴奏の音楽は「唐楽」。笙、篳篥、龍笛の三つの管楽器と、羯鼓、太鼓、鉦鼓の三つの打楽器、まれに箏、琵琶の二つの絃楽器が使われる。舞人は主に赤色系統の衣装を着る。
右方の舞楽は、朝鮮、渤海沿岸など中国大陸の北東方面から伝わったもので、伴奏の演奏音楽は主に「高麗楽」。高麗笛と篳篥の二つの管楽器、太鼓、鉦鼓、三ノ鼓の三つの打楽器が使われる。舞人は主に緑色系統の衣装を着る

胡蝶
 また舞楽は、舞の形から 「文舞(ぶんのまい)」と武舞(ぶのまい)」、舞の動きから、比較的動きの緩やかな 「平舞(ひらまい)」と、動きの激しい「走舞(はしりまい)」に分かれる。子供が舞う場合は童舞(わらべまい)と呼ぶ。
舞楽 胡飲酒(迦陵頻音取/胡飲酒破)
舞楽 高麗壱越調 延喜楽