雅楽器を伴奏とする声楽曲。平安時代に日本で生まれた。日本各地の民謡がもとになった「催馬楽(さいばら)」と、漢詩に節をつけて歌う「朗詠(ろうえい)」がある。どちらも、一つの言葉を長く伸ばして歌うので、歌詞の意味はほと んど分からない。雅楽の歌曲は、詩の内容を楽しむというよりは、メロディラインを楽しむものとなっている。