其駒
 日本古来の歌舞。「神楽(かぐら)」「倭舞(やまとまい)」「東遊(あずまあそび)」「久米舞(くめまい)」「五節舞(ごせ ちのまい)」などの種類がある。「古事記」や「日本書紀」などの神話に基づくものが多く、たとえば「神楽」は天照大神 (あまてらすおおみかみ)が天石屋戸(あまのいわやど)に姿を隠したとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が石屋戸の前で舞を舞ったのが起源だとされる。
其駒(天理大雅楽部30周年記念テープから)