雅楽は、平安時代に集大成され た日本の古典音楽。と言っても、 純粋な日本生まれではない。楽曲の大半は、アジア各地で生まれたもの。 いまからおよそ1400年前、飛鳥時代のころから、日本には仏教や大陸の文化とともに、中国、インド、ベトナム、朝鮮半島などの音 楽が次々と輸入された。
 これらの音楽はもっぱら、仏教 の儀式や宮中の行事などに用いられ、時を重ねるに従って、徐々に日本風にアレンジされていった。
 この、もと外来音楽(唐楽〈とうがく〉・高麗楽こまがく〉)、日本古来の音楽(国風歌舞〈くにぶりのうたまい〉)、 そして平安時代に日本でできた歌(謡物〈うたいもの〉)の3つをひっくるめたものを「雅楽」と呼ぶようになった。
(もっと詳しく知りたい人は下のボタンをクリック!)