最近、雅楽界出身の若手ミュージシャンの活躍や、 ヒーリング効果 の高さから、 “癒し系”の音楽として静かーなブームを呼んでいる雅楽。知らない人も多いと思うけど、 実は1300年も前から連綿と伝承されてきた 世界に誇る日本の伝統音楽なのだ。  本場は宮内庁式部職楽部のある花の東京。 だけど、天理はそれに劣らないくらい雅楽がさかん。 愛好者は小学生からお年寄りまでと幅広く、 とくに10代、20代の若者たちが熱心に練習を重ねている。 「おやさと雅楽会」は、この雅楽の町「天理」を本拠地に 、活動を続けているグループです。
 結成は昭和50年(1975)。会の目的として、演奏技術の向上、 新しい雅楽の可能性の模索、そして、天理大学雅楽部現役部員への物心両面 からの援助と技術指導を掲げています。  会単独の演奏会は数少ないものの、会員はいずれも、 天理教音楽研究会雅楽部 に主力メンバーとして参加し、技術に磨きをかけています。