舞楽「胡飲酒(こんじゅ)」
(第15回定期演奏会から)

「天理教音楽研究会」は昭和30年(1955)、天理教の祭儀である「おつとめ」の 研究を目的に設立された機関です。現在そのもとで「おつとめ研究」 「合唱」「管楽」「弦楽」「雅楽」などの各部門に分かれて 活発な活動を行っています。
 雅楽部門は昭和35年に設けられ、以来、「お道(=天理教のこと)の 雅楽の広まりと深まり」をモットーに、毎年5月に行う定期公演、 秋季大祭での「お供え演奏会」(10月26日)、秋の「雅楽一手一つ」 の主催をはじめ、宮内庁楽部楽師による講習会、小中学生対象の 「少年会員雅楽勉強会」(8月16〜18日)、 「週例雅楽勉強会」の開催、『雅楽部報』 の発行などを行っています。
  演奏活動は主に天理を中心に行っていますが、昭和58年には 東京楽所ヨーロッパ公演にメンバー8人を派遣、 63年には天理雅楽ヨーロッパ公演(天理教青年会、天理教海外部共催) を挙行、平成5年にはCD『奏楽練習のために・雅楽「平調T」』を リリースするなど、幅広い活動を行っています。
  また、昭和51年には岡正雄氏作曲・雅楽交声曲「陽気づくめ」初演 (創立20周年記念演奏会・京都会館)、61年には芝祐靖氏作曲 「神の楽しみ」初演(創立30周年記念演奏会・名古屋市公会堂)、 その後も芝祐靖氏委嘱作品「道の四季」のうち「春の章」 「夏の章」の発表など、雅楽の新たな分野への試みも続けています。